MENU

動かなくなった自家用車の手入れ

走らないマイカーをそのまま放置していると、それだけでお金がかかります。
廃車にしない限りクルマTAXが課税されますし、日数が経つほど戻るマネーも減っていきます。

 

廃車にするのは自分でもできますし、ショップに頼んでしてもらうこともできます。
動かなくなったマイカーの数値プレートを取り除き、陸運チャンネルで手続をすることで、自分で廃車にすることが可能です。

 

一般的にわたしたちは「廃車」という発言によっていますが、本式人名は「抹消登録」です。
抹消登録には、一時的に公道を走れなくする「一寸抹消」、二度と国内で駆けることができなくなる「永久抹消」、ユースドカーとして海外に輸出するための「輸出抹消」など、何路地かの手続があります。

 

国内ではもう使えないようなマイカーであっても、改修をすることで海外での買い主がつくことがあります。
国内マイカーは、たとえ年式が古くても海外での人気がおっきい結果、どうしても必須があるのです。

 

そのため、今は動かなくなってしまったマイカーも、修理することで再び払えるようになるならクルマTAXのリターン、自賠責保険の払い戻しといった戻るマネーもあります。

 

修理しても動かないような場合であっても、部品がまだ使えることがありますし、鉄自体にも収穫があります。
そのため、下取りや買い上げを断られたマイカーであっても、業者によってはお金に換えてくれることがあるのです。

 

こうしたことから、もし動かなくなってしまったマイカーがあるのなら、一気に廃車にするのではなく、では偵察をしてもらうことをおすすめします。