MENU

廃車で戻る利潤の種類

もしあなたが廃車にしようとしてある自家用車にまだまだ車検が残っている事例、いくつかの戻ってくるお金があります。

 

そのひとつが「クルマ租税」です。
クルマを所有している人様なら誰しもが支払っていらっしゃる税で、毎年5ひと月くらいに納税通知が送られてきているはずです。

 

トランスポーテーション支局で抹消入力の手続をする際にクルマ租税事務所にも赴き、こちらも抹消入力を行います。
すると、依頼から1~2ヶ月ほど後に通知が来ます。
しかし、3月に廃車にした場合って、廃車にするのが軽自動車の場合は、クルマ租税の償還はありません。

 

次に、「クルマウェイト租税」です。
こちらは車検の有効期限がひと月限り残る場合に償還があります。
戻ってくる財の合計は、残りの有効期限の月割となります。
クルマウェイト租税の償還はクルマ租税とは異なり、軽自動車にもあります。

 

そしてもうひとつが「自賠責保険」です。
車検を受ける際には、必ず自賠責保険を支払わなくてはなりません。
こちらはまとめて支払うため、廃車した時点で有効期限がひと月限り残っている場合には、払戻しがあります。
この戻ってくる財の合計も月割となります。

 

自分で廃車にする場合は、これらの償還や償還のための手続も自分で立ち向かう必要があります。
これらの手続には結構な手間増えるため、店頭に代行してもらう人様も多くいます。

 

ただし、廃車の手続きは中古車買取業者の洗い浚いが行っているわけではありません。
事前にいろいろな店頭に裁断を提言し、すべての手続を代行して得る店頭を探しましょう。