MENU

廃車にする前にここに注意

車を廃車にしなければならないとなったときに、注意すべきことがいくつかあります。
これは廃車に限らず、売却するときにも関係してくるので、覚えておいた方が良いでしょう。

 

とりあえず、重要なのが所有権の実証です。
自分が金銭を払って乗っているのだから、自分のものに決まっていると窺える方も来るかもしれません。
しかし、その車を貸し付けで購入し、まだ払い出しが終わっていないのなら、この車のオーナーはショップや信販店舗になっています。
そのため、完全に自分のものとはいえないのです。

 

現段階でのオーナーが誰なのかは、車検証を確かめることで確認できます。
これから廃車にする、或いは売却するという際には、敢然とチェックしておきましょう。

 

もし貸し付けが完済されていないのなら、あなたに所有権はないことになります。
但し、その車をユースドカーや廃車として処分したいに関してもあるでしょう。
それにはひとまず貸し付けをオール払い出し、その車を自分の名義にしなければなりません。

 

しかし、法人の中にはたとえ貸し付けが残っていたとしても引き取ってくれるスポットもあります。
このような法人は、所有権解放の順番なども代行してくれることが多いようです。

 

購入料金が貸し付けの残額よりも多いのなら、もちろん帰る金銭もあります。
もし購入料金が貸し付け値段よりも少ない場合は、別の貸し付けに組み替えてくれます。

 

貸し付けが残ったままの車を売却したり、廃車にしたりする場合は、何かと面倒な順番を経なければなりません。
法人に頼めばこのような操作を代わりにやってくれて、なおかつ帰るお金があるケースもあるのでおすすめです。