MENU

廃車の登録

廃車の過程には大きく分けて2ジャンルがあります。
恒久抹消は自動車をスクラップにして仕舞うことです。
先々、誰もその車に乗ることはありません。
文字通り、廃車です。
これに対して臨時抹消登記は一時的に愛車を使用しないための過程です。
ニューモデルの下取りに出す際などはそれに当たります。
ユーズドカーとしてグループに出回る可能性があるのです。
それぞれで過程と大切記録が違います。
恒久抹消登記での大切記録としては印鑑象徴、放置状、車検シンボル、番号プレート、走行アナウンス番号、分離アナウンス録画です。
一般的には自動車扶養仕事場などに廃車を依頼することになりますから、あなたが準備するのは印鑑象徴といった放置状だけでしょう。
罹災などで車検シンボルや番号プレートが紛失してしまうこともあります。
このような場合はその動機書を提出することになります。
また、車検が1か月羽状居残る場合には重量TAXのTAX返納を受けることができます。
TAX返納のための記録を準備しましょう。
臨時抹消登記を行う場合も、基本的には同じですが分離アナウンス録画などはありません。
TAX返納を受けるためには自動車貸与膨張正中経由で往来支局に報告することが必須条件です。

そのため、過程を適当にやっているとTAX返納を受けることができないのです。
つまり、TAX返納は貸与を促進するための手段として実施されていると言うことを理解しておきましょう。
もちろん、正規の過程を踏めば何の問題もありません。