MENU

無料で廃車進め方をしてくれるサロン

自家用車を廃車にする際には、いろいろな費用がかかるのが普通です。
たとえば、ショップに廃車の依頼をするだけで、10,000円から20,000円ほど加わることも珍しくありません。

 

但し、中には廃車を不要でして得るショップもあります。
「法人3R」では、来訪引取金額、対応金額、分離金額、抹消申し込みエントリー金額の総合が不要です。

 

さらに、マイカーの実態によっては帰る対価もあります。
帰る対価は、主に自家用車タックスという自家用車目方タックス、自賠責保険料の3つです。

 

これらの対価は、予め一定期間当たりを払うので、廃車にした段階でまだ有効期限が残っていれば、その余った分のお金が償還されます。
そのため、具体的な値段は残りの歳月の長さを通じて異なります。

 

一般的なショップに廃車エントリーを頼むと有償なことが多いのに、なぜ3Rでは不要になるのでしょうか。
もちろんそれには意図があります。
3Rのような分離ショップは、廃車を分離し、まだまだ使えそうな部分を再び頒布に流すことができるからです。

 

マイカーには鉄やアルミニウム、銅、レアメタルなど、さまざまなメタルが使われています。
例えマイカーが走らなくても、それらのメタルだけでも価値があるというわけです。

 

ショップなどでは弊社で解体することができないため、分離ショップに明け渡すことになります。
そのため、手数料が発生してしまうのです。

 

金額のことを考えると、ショップなどに廃車エントリーを申し込むのではなく、分離ショップに任せたほうがお得な場合が多いといえます。