MENU

廃車手続きの順序

組合に代理人するのではなく、自分で廃車の登録をしてみたいという方もいるかもしれません。
一般的に廃車と呼ばれている品行は、「永久抹消インプット」というのが正式な呼び方です。
永久抹消インプットをした車種は、二度と国内の公道を走れなくなります。

 

永久抹消インプットをするには、まず車種を引き取ってもらわなければなりません。
これは解体組合や商店、愛車準備仕事場などに任せましょう。
この際に、愛車融通プライスをまだまだ支払っていない場合は支払う必要があります。
車種を引き取ってもらったら、支出済愛車引取資格と車種から取り外された番号プレートを受け取ります。

 

次に、廃車のために必要な記録を集めます。
この際、その車種の名義が誰かにて必要な記録が異なります。
あらかじめ誰の名義になっているのかを確認しておき、どの記録が必要になるかをチェックしておきましょう。

 

そうして、移送支局をめぐって抹消インプット登録をします。
因みに、軽自動車を廃車にする場合は移送支局ではなく、軽自動車見立て協会に行く必要があります。

 

移送支局に出さなければならない記録はその場に用意されているので、後は指示通り書き込みすれば問題ありません。
さらに、組合から返してもらった番号プレートを移送テレビ局のお返し受け付けに提出します。

 

記録を全員取り出し、番号プレートを返却するという抹消インプット資格が支給され、これで登録がエンドとなります。

 

廃車にした場合、税金などの帰るお金があることもあります。
帰る料金の単価は、車検までの残りの日にちなどによって異なります。