MENU

廃車にすることで帰る代価

自分が所有している車を廃車にしたこと、お金が戻ってくることがあります。
戻ってくるキャッシュとして出来るのは、たいてい以下の4つです。

 

1.自動車税
2.自賠責保険
3.目方税
4.フリー保険

 

これらのTAXや保険は、次の車検までや1年間当たりなど、まとめて先払いやることがほとんどです。
そのため、廃車にすることで、先に支払った分のお金が戻ってくるのです。

 

このように、廃車することによって戻ってくるキャッシュを、「還元賃金」と呼びます。
還元賃金の費用は、支払ったキャッシュの隙間日にちが多いほど多くなります。
たとえば、自賠責保険や目方税だと車検の残りの日にち、自動車税だと3毎月までの残りの日にちにて、戻ってくるキャッシュの金額が変わってきます。

 

但し、還元賃金を受け取れるためには、さまざまなプロセスを行わなくてはなりません。
そのため、廃車に必要になるシートを揃えたり、役所などへ足を運んだり、所定のひな型に従ったシートを記入する必要があります。

 

こんな進め方が邪魔だという場合は、組織に代理人することもできます。
もちろん代理人経費はかかりますが、自分で何かと調べて進め方をするよりは確実ですし、手間も時間もかかりません。

 

また、廃車を専門で行っている組織であれば、こんなプロセスを無料で代行してくれることもあります。
こんな組織は、回収した車を解体して部位を売買することでお金が混じるので、代理人お金をフリーとしてくれるのです。

 

業者によって費用がなる近辺もあれば、反対にフリーになったりもするので、廃車を考えている場合は、ひとまず見積りをとってみるのがいいでしょう。